こぎん刺し

こぎん刺しは青森県の津軽地方に伝わる伝統的な刺し子の技法のひとつです。
刺し子(さしこ)とは、布地に幾何学模様等の図柄を刺繍して縫いこむ技法で

が日本の三大刺し子といわれています。

津軽では綿の栽培が難しく手軽に綿製品を使えなかったことと
1724年の「農家倹約分限令」により、農民は身に付ける衣服が厳しく規制されていました。
木綿の使用は禁止され麻布の衣服を着ていましたが
農作業による磨耗の防止と冬の寒さを防ぐ為に
麻糸で細かい刺繍を施し、磨耗と寒さをしのいでいました。

明治になり木綿が手に入るようになると
麻糸に代わり木綿糸で刺繍されるようになってきます。
これを期に複雑で多種多様な模様が刺繍されるようになってきました。
その後、木綿の衣服が増えるにつれ、こぎん刺しは廃れていきましたが
昭和初め柳宗悦(1889~1961)らの民藝運動で再び注目を浴びて現在に至っています。

3つのこぎん刺し

西こぎん

「西こぎん」は、弘前市西側の中津軽郡一帯で作られたもので
肩に縞模様があるのが特徴です。

東こぎん

「東こぎん」は、弘前市東側の南津軽郡一帯で作られたもので
縞模様はなく、全体的にざっくりとしているのが特徴です。

三縞こぎん

「三縞こぎん」は、北津軽群金木町一帯で作られたもので
3本の縞模様があるのが特徴です。
金木地方は、冷害や凶作が多く、生活に余裕が無い為か刺し手が少なく
古い「三縞こぎん」は非常に貴重なものとなっています。

現在のこぎん刺し

こぎん刺しは今では衣服、財布、小袋、バック、小物アイテムなど
様々なデザインや色のものが作られています。
御自身でお使いになっても、贈り物としても大変喜ばれています。

作業工程

織り

昔からの織機を使い、一枚一枚丁寧に麻布を織り上げていきます。
こうしてしっかりとした丈夫な麻布が出来上がります。

刺し

できた麻布に刺している様子です。
こうして一枚一枚時間を掛けて刺していきます。
小さな刺し柄でも2~3日掛かります。